フランク・ミュラー

腕時計とボクの暮らしの陽気な関係

フランク・ミュラーを選ぶ


   カサブランカ デイト        カラードリームス        マスタースクエア           ベガス

フランク・ミュラーの魅力

スポンサードリンク

フランク・ミュラー(Franck Muller)


「ブレゲの再来」と称されている天才時計師フランク・ミュラーは、
1958年にスイスのラ・ショード・フォンに生まれました。


幼少期より精密機械仕掛けに触れてきた彼は、
ジュネーヴにある時計学校在学中からいくつもの賞を獲得し、早くもその類まれなる才能を開花させていました。


しかも通常3年はかかる技術をたったの1年で習得し、さらに卒業制作では
ロレックスに独自の技術で永久カレンダー機能を付けてしまったほどです。


卒業後は機械式時計の修理やオーバーホールなどを引き受けていましたが、1986年にフランク・ミュラーはジャントーに拠点を構え、
オーダーメイドの時計の製作を開始しました。


同年には世界初のフリーオシレーション(自由振動)採用の、トゥールビヨンを
完成させ世間をあっと言わせたのです。


そして1992年、ジャントーにフランク・ミュラー・ウォッチランド社を設立しました。
同社の設立までこれといった特色の無かったジャントーは、スイスだけでなく世界的に有名な場所になったのです。


またこの年は、3つの世界初となる機構を持つコンプリケーションを発表し、
人々の話題をさらいました。


歴史の浅いブランドにも関わらず、短期間でこれほどまでに成長してきたのには、
やはりそれなりの理由があります。


それはフランク・ミュラーの時計には、非常に熱狂的なファンが多いという事です。
あの強烈な個性を放つオリジナリティ溢れるデザインは、好き・嫌いがはっきりと
現れます。


奇抜さに嫌悪感を示す人と、逆にその奇抜さに惹かれた人はフランク・ミュラーの
虜になってしまうのです。


フランク・ミュラーは、機械式時計に興味がなかった女性達に
その魅力を伝えた立役者でもあります。


すっかりフランク・ミュラーのイメージとして定着しているトノー型のケース。
シンプルなタイプの「カサブランカ」が非常に人気ですが、
ルーレットを組み込んだ遊び心満載の「ヴェガス」もおススメですよ。



   ビッグベンGMTアラーム     コンキスタドール 





TOP〜腕時計とボクと暮らしの
陽気な関係



海はやっぱり気持ちいい
車やバイクは男心をくすぐる
大空での命綱
宇宙でも耐え抜くタフなヤツ
冒険心をあおられる
海外旅行に行くのなら
できるビジネスマンは手元が違う
人気のミリタリーとペットの白太郎
熱いシャワーですっきり目覚める
腕時計用語集


◆時計ブランドの紹介◆


IWC
オーデマ・ピゲ
オメガ
オリス
コルム
ジャガー・ルクルト
ショパール
ゼニス
タグ・ホイヤー
バセロン・コンスタンチン
パテック・フィリップ
パネライ
ブライトリング
フランクミュラー
ブレゲ
モーリス・ラクロア
ロレックス


管理人のプロフィール
kirenkoo@kittsu.net
リンクについて


趣味のリンク1
趣味のリンク2

趣味のリンク3
趣味のリンク4
車やバイク、乗り物のリンク
海や山、アウトドアのリンク1
海や山、アウトドアのリンク2
海や山、アウトドアのリンク3
宇宙や天体のリンク

スポーツのリンク
暮らしのリンク1
暮らしのリンク2
暮らしのリンク3
暮らしのリンク4
旅のリンク
ペットや動物のリンク


Copyright (C) 腕時計とボクと暮らしの陽気な関係 All Rights Reserved