ブレゲ

腕時計とボクの暮らしの陽気な関係

ブレゲを選ぶ


  トランスアトランティック     マリーン ラージデイト     クラシック レギュレーター  タイプXX アエロナバル
     タイプ21

ブレゲの魅力

スポンサードリンク

ブレゲ(BREGUET)


■創業年 1775年 ■創始国 フランス/パリ 
■創始者名 アブラアン・ルイ・ブレゲ


創始者の天才時計師アブラアン・ルイ・ブレゲは「時計の進歩を200年早めた」と
言われており、現在でも彼を越える職人は現れていません。


「トゥールビヨン」と呼ばれる超複雑機構はブレゲによって実現されたものです。
ちなみにこの機構の技術を持った時計職人は、世界中を探しても数える程度にしかいません。


そのような機構を2世紀以上も前に発明し、今日でも全く色褪せていない事には
驚きを隠せないですね。


それだけではありません。自動巻き機構や衝撃吸収装置、
スプリットセコンド・クロノグラフ、永久カレンダー、ミニッツリピーター、
ブレゲひげゼンマイなど数々の画期的な機構もブレゲが発明したのです。


また、説は色々あるのですが、ブレゲは腕時計を初めて製作した人間である可能性が高いらしいのです。


彼が生涯で製作した時計の数は約3800個といわれていますが、何とそれら全てが一点ものです。


さらにその顧客がまたスゴイのです。
フランス王妃マリー・アントワネットやナポレオン・ボナパルト、ローマ法王、ルイ18世などなど…。


ところが伝統と技術もあるブレゲでさえクォーツショックにより経営危機に陥り、
事業を継いでいたブラウン家の判断で時計の製造を一時中断していました。


このまま製造を再開せずに幕を閉じるかと思われていたのですが、
フランスの有名宝飾店ショーメがブレゲの経営権を
ブラウン家より譲りうけたのです。


事業譲渡と言うと言葉は簡単ですが、実際はそんなに生易しいものではありませんでした。
天才、アブラアン・ルイ・ブレゲがもたらした200年の歴史と技術を譲り受けるという事なのですから。


ショーメは「ブレゲの再来」と呼ばれるダニエル・ロートを迎え
ブレゲ復興に乗り出したのです。


技術の復元ではなく、新たなる創造の始まりでした。
そして再び成功を収め、今日に至るのです。


今やブレゲで一番の人気を誇るフランス空軍時計「タイプXX」。
品格とスポーティーさを兼ね備えた渾身の一本です。



     オーラムンディ             トラディション





TOP〜腕時計とボクと暮らしの
陽気な関係



海はやっぱり気持ちいい
車やバイクは男心をくすぐる
大空での命綱
宇宙でも耐え抜くタフなヤツ
冒険心をあおられる
海外旅行に行くのなら
できるビジネスマンは手元が違う
人気のミリタリーとペットの白太郎
熱いシャワーですっきり目覚める
腕時計用語集


◆時計ブランドの紹介◆


IWC
オーデマ・ピゲ
オメガ
オリス
コルム
ジャガー・ルクルト
ショパール
ゼニス
タグ・ホイヤー
バセロン・コンスタンチン
パテック・フィリップ
パネライ
ブライトリング
フランクミュラー
ブレゲ
モーリス・ラクロア
ロレックス


管理人のプロフィール
kirenkoo@kittsu.net
リンクについて


趣味のリンク1
趣味のリンク2

趣味のリンク3
趣味のリンク4
車やバイク、乗り物のリンク
海や山、アウトドアのリンク1
海や山、アウトドアのリンク2
海や山、アウトドアのリンク3
宇宙や天体のリンク

スポーツのリンク
暮らしのリンク1
暮らしのリンク2
暮らしのリンク3
暮らしのリンク4
旅のリンク
ペットや動物のリンク


Copyright (C) 腕時計とボクと暮らしの陽気な関係 All Rights Reserved